血液サラサラ効果を目指す

血液サラサラ効果を目指す

黒酢にんにくはどちらも健康効果に長けた食品のため、さまざまな栄養成分を摂取することが出来る、
そんな健康食品です。
黒酢にんにくがすでに持っている血液サラサラ効果を活かすために、美味しい食べ方の紹介です。

 

玉ねぎと一緒に漬けこむ

自家製黒酢を作る場合、黒酢ににんにくを漬け込む時に一緒に切った玉ねぎも一緒に漬けこみます。
玉ねぎにはにんにくと同じアリシンが含まれています。
このアリシンは血流改善効果が高い成分のため、玉ねぎの血液サラサラ効果をアップさせています。
玉ねぎの旨味も溶け出していますので、ソースや炒め物など、さまざまな調理に利用できます。

 

 

魚の南蛮漬け

青魚には血液サラサラ効果に長けたDHAやEPAが豊富に含まれています。
そんな青魚をカラっと揚げ、黒酢で作った南蛮ソースに漬けこみましょう。
南蛮ソースの作り方は、黒酢と醤油と酒と水と砂糖とみりんをすべて同量で混ぜるだけ。
揚げたて熱々のうちに漬けこむと味がしっかりと染み込みます。
にんにくはすりおろすか、みじん切りがマル

 

ヨーグルトでしっかりと漬け込んだ鶏肉を

ヨーグルトの善玉菌が悪玉コレステロールを減少させ血液サラサラ効果に結び付く一品。
ヨーグルトと塩、すりおろしたにんにく、ゴマ油に鶏肉を漬け込み数時間しっかりと寝かせます。
漬けこんだ鶏肉を一口大に切ったら片栗粉を付け揚げます
黒酢、醤油、砂糖、ゴマ油、生姜、酒のソースを絡めたら片栗粉でとろみをつけて出来上がりです。